「伝統工芸×プラレール」が、世界最速の美術館「現美新幹線」に1日限定でお目見え

新作品の「漆芸プラレール」も登場

アートプラレールは、「燕三条 工場の祭典」にあわせ、燕三条駅13番線ホームで、12時半から14時まで、1日限定で公開展示された。

(株)タカラトミー(東京都、H.G.メイ代表取締役社長)は8日、鉄道玩具「プラレール」と、日本の伝統工芸職人の技を融合させた「伝統工芸×プラレー アートプラレール」を、走る美術館「現美新幹線」に1日限定で展示した。

展示したのは、今年6月に開催された「東京おもちゃショー」で発表した「江戸切子」「箱根寄木細工」「京都竹工芸」と、新作品となる「漆芸(しつげい)」の4作品。「燕三条 工場の祭典」にあわせ、燕三条駅13番線ホームで、12時半から14時まで、1日限定で公開展示された。

作品は、いずれも花火をコンセプトに制作されている。このうち、今回、新たに登場した「漆芸」を制作した室瀬祐氏は、「制作に1年かかった」と話していた。製作費は約100万円。仮に販売すると、2000円ほどのプラレールが105万円近い価格になるという。

今後、2018年1月に開催される「プラレール博 in Osaka」で展示される。

なお、8日に走行した現美新幹線は、大宮~新潟間の旅行商品専用列車(定員100名)。現美新幹線が新潟県外で運行されるのは初めてで、乗客たちは、燕三条の様々な工場(kouba)で、ものづくりを体感するイベント「燕三条 工場の祭典」などを訪れていたという。

「伝統工芸×プラレール 特設サイト」

江戸切子。「花火=夜空」から、夜行列車「ブルートレイン」を連想した青色の車体。側面には、列車が駆け抜ける山々と、夜空に輝く星を、また天面には、夜空に煌めく天の川をイメージし、そこに江戸切子の代表的な紋様の麻の葉、六角篭目、八角篭目を組み合せた。

箱根寄木細工は、寄木の柄の色をカラフルにし、模様も花火が上がった時の花開く感じを表現している。

京都竹工芸は、カラフルな打ち上げ花火をイメージし、3車両それぞれを「雪」、「月」「花」に見立てた3種の編みで交色構成。車両の前後部分は、ござ目編み技法を採用している。

漆芸は、日本の夏の代表する朝顔を、夜空を彩る花火に見立てた丸紋にデザインし、蒔絵で表現した。間を意識して、ちりばめられた朝顔紋の鮮やかな金と、漆の深い黒いコントランスが見どころという。

「金粉で立体感を表現した」と話す、室瀬祐氏