国民文化祭などのオープニングフェスティバルの練習が公開される

当日の流れや動きなどを確認

開催まで40日を切った「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」に向けて、開会式「オープニングフェスティバル」の公開練習が9日、亀田総合体育館で行われた。

フェスティバルの演出・振付を担当する国友慎之助氏の指揮のもと、Chibi Unity、鼓童、越乃リュウさんが練習を行い、当日の流れや動きなどを確認した。

オープニングフェスティバルでは、文化祭のテーマである「文化の丁字路」〜西と東が出会う新潟〜に沿って、新潟で育まれた文化の歴史を絵巻的に描いた「新潟ものがたり」が披露される。綾子舞、仮山伏の棒遣い、能生白山神社の舞楽、片貝の木遣り、角浜衛獅子、佐渡おけさといった伝統芸能の歴史に、鼓童、Chibi Unity、越乃リュウ、新潟ろうあ万代太鼓豊龍会、Noismのパフォーマンスを絡めてストーリーを展開。文化祭の開幕を盛大に盛り上げる。

文化祭の開会式は9月16日(月・祝)に朱鷺メッセ展示ホールで行われる。開催時間は14:30から17:00。入場無料(※要応募)。

 

写真は鼓童の練習時間に撮影したもの

鼓童メンバーの練習のようす

元気な表現やどこか懐かしさを感じさせる表現などを盛り込み新潟らしさを伝えたいという

Chibi Unityとのコラボシーンを確認

一部共演する新潟ろうあ万代太鼓豊龍会と打ち合わせ