UUUMが主催する日本最大級の動画クリエイターの祭典「U-FES.」が新潟で初開催

日本を代表するトップ動画クリエイターが一堂に会すビックイベント

U-FES.TOUR2019Games 新潟

国内最大手のユーチューバー(YouTuber)のマネジメント会社、UUUM株式会社(東京都)が主催する日本最大級の動画クリエイターの祭典「U-FES.」。初の新潟開催となる「U-FES.TOUR2019Games 新潟」が10日、新潟市中央区のNIIGATA LOTSで開催され、多くのファンで賑わった。

U-FES.とは、日本を代表するトップ動画クリエイター(人気ユーチューバ―)が一堂に会すビックイベントで、2015年に東京・豊洲で始まった。開催を重ね動員数を伸ばすなか、U-FES.TOUR2019は、「今年はナカマに会いに行く」をテーマに今年6月スタート。Music・Game・Girls・Kids・Varietyの5ジャンルのイベントが、全国10都市で20公演開催される。

収容人数700名のNIIGATA LOTSには、小さな子供から大人まで多くのファンが駆けつけ満員状態。ゲーム実況やバラエティジャンルで人気のユーチューバー、Kazu、ミラクルぐっち、まぐにぃ、CO-DAのぐっばいちゃんねる!、こみちん(ぽこにゃん)、Fate Games、ちゃあ、ポルンガ、恭一郎、時代が俺に追いついた Games、ちはや、ごには、カイト、トマトクン(はじめしゃちょーの畑)、やふへゐ先生(はじめしゃちょーの畑)の15名が登場すると大歓声が沸き起こった。

イベントは、ユーチューバーと観客による「アイラヴ〜」「ユーフェス!」の掛け合いとともにスタート。RPGの世界観のもと、「Kazuギルド」と「ぐっちギルド」がさまざまなゲームで対戦していく。「マイクラ鬼ごっこ」や「スマッシュブラザーズ」では、選ばれた観客とともに熱い戦いを繰り広げ、観客たちは大きなスクリーンに映し出されたゲーム映像を観戦しながら、声援を送ったり一緒に喜んだりと大はしゃぎ。

観客とともに熱い戦いを繰り広げるシーンも

また、全員参加型の「旗揚げゲーム」では、観客含めた全員が真剣モードで旗を上げ下げ。ゲームの進行中には、しゃべりに長けたユーチューバーたちが所々で観客の笑いを誘い、会場は終始なごやかなムードに包まれていた。

大盛況の新潟公演を終えたユーチューバーに話を聞くと、「新潟は元気が良くリアクションがいい」「聞く姿勢も素晴らしい」とファンを賛称していた。また、ユーチューバーを目指す人に向けてメッセージをもらった。

まぐにぃさん
「まずは勉強をちゃんとしてからね。いろいろ見て覚えて、とりあえずやってみて、失敗してみてもいいかもね。まずはマネから始めましょう。」

Kazuさん
「一生懸命しゃべる練習してね。10年間くらいやれば相当しゃべりうまくなると思うからね。あとケンカはするな。」

ミラクルぐっちさん
「なりたいって気持ちを大事にしてほしいです。感情を言葉にして伝えるのは難しいけど、カメラが回ったところで表現できるのはすごいこと。スキル磨きの1つとして取り組むのもいいかな。」

ぽこにゃんのこみちんさん
「学生のうちに友達をたくさん作っておくこと。友達と友達の仲をとりもてるスキルがあれば、活動するなかでいろいろと助けてもらえるし、新しい仕事につながったりします。」

恭一郎さん
「目指す上で必要なのは人間力や人が惹かれる何かを持つこと。それを身につけるのは簡単なことではないけれど、まずは常識を身につけた上で、自分を表現できる場所がユーチューブであったらイイと思います。」

まぐにぃさん、Kazuさん、ミラクルぐっちさん、ぽこにゃんのこみちんさん、恭一郎さん

同社によると、これだけ大きな全国規模の開催は初めてだという。「日本各地に来て欲しい」という要望が多く寄せられたことから、2019は国内各地で開催しようと、北海道から沖縄までのツアー開催を企画。新潟は北陸地方最大都市であることに加え、ゲーム実況で人気のkazuさんが北陸地方在住ということから「Game」の開催地となった。

フェス開催前にはハイタッチ会も行われた