新潟空港にLCC路線を開設するPeach Aviationが事業計画を発表

2018年3月1日に就航

井上慎一CEOと米山隆一知事

新潟空港としては初となるLCC(核や航空会社)路線を開設するPeach Aviation株式会社が31日、県庁で事業計画を発表した。

路線は、同社の6周年記念日にあたる2018年3月1日に就航。当面、新潟~関西空港(大阪)間を毎日一往復するという。3月の運行スケジュールは、新潟発13時35分、大阪(関西)発が12時。「ダイヤは、新潟から利用し易いようにした」(同社代表取締役の井上慎一CEO)という。運賃は、片道4190円~2万3090円。31日午後4時にチケットの販売を開始した。

井上CEOは、「新潟県の皆様から気軽に関西へ、そして(関西をハブに)アジアへ訪れて欲しい」などと語っていた。

一方、米山知事は、「LCCで関西空港と新潟が結ばれることは、本県・上信越の活性化に大きな意味があり、国内だけでなく海外からのインバウンドにも効果がある。また新潟の若者にもピーチを利用してアジア諸国に行って欲しい」などと期待感を表明していた。