新潟市がミズベリング信濃川の実施報告を発表

利用者数は昨年の1・15倍

[しなのがわとやすらぎ堤]、新潟市、クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示 2.1 日本(https://creativecommons.org/licenses/by/2.1/jp/)

新潟市は2日、「ミズベリング信濃川やすらぎ堤2017」の実施報告を発表した。

民間の飲食店などが信濃川のやすらぎ堤(萬代橋から八千代橋間)に、期間限定で、ビアガーデンやカフェを出店する「ミズベリング信濃川」は、水辺空間の更なる利活用と賑わい創出を目的に、平成28年度から行われている。今年は、アウトドアメーカーのスノーピークが区域全体のマネジメントを担い、7月1日(土)から10月1日(日)まで開催された。

14店舗(右岸側13店舗、左岸側1店舗)が出展し、前年度比1・15倍にのぼる約34400人(7月~9月)の利用者があったという。1人あたりの売上は2175円(7月~9月)。

また、親子アウトドア・カヌー体験、ウォーターパーク、婚活イベント、マーケットイベントなどのイベントが16回開催され、約600人が参加した。

一方、「トイレや手洗い場などの施設が不十分」、「単身、家族でも楽しめる環境づくり」、「周辺施設や地域イベントとの連携」などの課題が残ったという。