新潟県佐渡市出身で十両に昇進する朝乃若関が花角英世知事を表敬訪問


朝乃若関(写真左)と新潟県の花角英世知事(写真右)

新潟県佐渡市出身で、大相撲秋場所を幕下筆頭で勝ち越し十両に昇進する朝乃若関(本名:寺沢樹さん)が1日、新潟県の花角英世知事を表敬訪問した。

朝乃若関は高砂部屋所属の26歳。今回の表敬訪問では、椎間板ヘルニアとの闘病の様子や、自らの得意技などについて花角知事へ報告した。また、今後は付き人がつくようになることから「これまでは朝乃山の付き人をしており、下積みで勉強させていただいた。これからは逆の立場になるので、早く慣れたらいいなと思っている」とはにかみつつ語った。

花角知事は佐渡の話題についても歓談しつつ、面会の最後に「次にお会いできる時は、もう一段逞しくなっていることを期待している」と激励した。

表敬訪問の様子

表敬訪問の様子

訪問後の囲み取材で朝乃若関は、親方のしこ名を受け継いだことから「親方は現役時代、怪我をしなかったと聞いている。自分もこれからは怪我をしないようにしたい」と語り、「まずは九州場所で勝ち越し、さらに番付の上を目指してきたい」と意気込む。

なお、朝乃若関が新潟に帰るのは3月場所以来。久しぶりの帰郷に「(地元へ)良い報告をすることができてよかった。この後は佐渡に帰り、実家のカレーライスを食べることが楽しみだ」と話していた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も