ラグビー日本代表に選出された稲垣啓太選手の懸垂幕が新潟市役所にお目見え

新潟市役所に掲げられた懸垂幕

ワールドカップは9月20日から11月2日に開催

新潟市出身の稲垣啓太選手が、前回のイングランド大会に引き続き、ラグビーワールドカップ2019日本大会で日本代表に選出されたことを祝した懸垂幕が、新潟市本館にお目見えした。

稲垣選手は新潟市秋葉区出身。新津第二中学、新潟工業高校、関東学院大学を経て、現在は、ジャパンラグビートップリーグに加盟するラグビーチーム「パナソニックワイルドナイツ」に所属する。ポジションはプロップ。

新潟市の中原八一市長は29日、「ラグビーワールドカップ2019へ向けた日本代表最終登録メンバーが発表され、本市出身の稲垣啓太選手が前回のイングランド大会に引き続き日本代表に選出されました。日本代表選出は、新潟市にとっても大変喜ばしいことであり、市民とともに心よりお祝い申し上げますとともに、活躍されることを祈念しております。2015年のイングランド大会では、当時世界ランキング3位の南アフリカ共和国に見事勝利するなど、日本中が大変盛り上がりました。今大会は日本開催ですので、前回以上の成績となるよう期待しています」とコメントを発表した。

ラグビーワールドカップ2019は、第9回のワールドカップでアジア初開催。9月20日から11月2日まで、国内各地のスタジアムなどを会場に開催される。