新潟市中央区の本町食品センターが閉店

店内の様子

69年に歴史に幕

新潟市民の台所として知られる本町通アーケード(ぷらっと本町)の一角にある商業施設「本町食品センター」(新潟市中央区)が8月31日に閉店し、69年の歴史に幕をおろした。同センターを運営する本町公衆市場協同組合の山口龍志理事長は、「長い間ありがとうございました」などと、センターの前に集まった人々に感謝の言葉を述べていた。

同センターは1950(昭和25)年にリヤカーで行商していた24店でスタート。84年に改築し、鮮魚や精肉店と総菜などの店舗が入居していたが、後継者不足などから閉店することになった。

上写真2枚は午後5時ごろ

大岩精肉センター。お客さんから花束をもらう

御礼の挨拶をする山口龍志理事長

上写真3枚は午後6時ごろ

【関連記事】
新潟市民の台所「本町食品センター」が来年8月に閉店(2018年12月23日)
https://www.niikei.jp/5553/