新潟県社会福祉協議会が不審電話への注意を呼びかけ

個人情報を聞き出そうとする不審電話が相次ぐ

イメージ写真

新潟県社会福祉協議会は、8月末から県内各地で「社会福祉協議会」の職員を名乗る人物が、家族構成などの個人情報を聞き出そうとする不審電話が相次いでいることを受け、万が一、このような不審電話がかかってきた場合は、個人情報などは絶対に話さず、最寄りの警察まで連絡してほしいと呼びかけている。

同協議会が把握しているだけでも以下のケースが発生しているという。

・8月30日(金)長岡市 1件
・8月31日(土)燕市 2件
・8月31日(土)阿賀野市 1件
・9月1日(日)五泉市 1件
・9月2日(月)魚沼市 1件
・9月2日(月)、3日(火) 関川村 1件

なお同協議会および県内の市町村社会福祉協議会では、電話で個人情報を聞くことは一切ないという。

新潟県社会福祉協議会「社会福祉協議会の職員を装った不審電話にご注意ください!」