台風17号は明日昼から夕方にかけて新潟県に最接近


(上の動画は新潟市東区の海岸、22日午後2時過ぎ)

 

大型の台風17号は新潟県内には23日昼ごろから夕方にかけてもっとも接近するが、22日も交通機関などに影響が出たようだ。

粟島汽船のホームページによると、高速船きららが午後の便で欠航が出たほか、佐渡汽船のホームページによると、17:55新潟港発のジェットフォイルが欠航となった。また空の便も16:10分新潟空港発の福岡空港行き、19:35分福岡空港発の新潟空港行きが欠航となった(新潟空港ホームページより)。

イベントにも影響が出て、22日に新潟市中央区のやすらぎ堤で開催される予定だった「新潟スカイランタンフェスティバル2019」が1週間後の29日に延期となった。

23日も影響が出る見込み。新日本海フェリーのホームページによると、23日は敦賀港発→新潟港・秋田港経由→苫小牧東港行などが欠航となる。また、23日に予定されていたクルーズ船「飛鳥Ⅱ」の新潟西港への寄港も中止になった模様だ。イベント関連では新潟市北区で開催が予定されていた福島潟自然文化祭の中止が決まっている。

【新潟県防災ポータル】
http://www.bousai.pref.niigata.jp/contents/kisyou/kisyou.html

【新潟地方気象台】
http://www.jma-net.go.jp/niigata/

【新潟県の気象情報】
https://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/323_index.html