2019年度グッドデザイン賞に新潟県から29件が受賞

新潟県から29件が受賞

 

(公財)日本デザイン振興会は4日、グッドデザイン賞の2019年度受賞結果を発表した。
全国で4772件の応募のうち、受賞したのは1420件。うち新潟県からの受賞は、自然対流形電気暖房機「NOILHEAT」(株式会社コロナ)やハイブリッド式加湿器「LXシリーズ」(ダイニチ工業株式会社)など29件であった。

今回受賞した1420件のなかには、独自性、提案性、審美性、完成度などの面において、特に優れた対象であり、これからのモデルとなるデザインとして位置づけられる「グッドデザイン・ベスト100」の100件も含まれる。今後はこの中からさらに審査が実施され、「グッドデザイン大賞」などの特別賞が決定する予定(結果発表は10月31日)。

なお、新潟県で「グッドデザイン・ベスト100」に選ばれたのは以下の6件。

 

爪切り[スワダネイルクリッパー](株式会社諏訪田製作所)

バーナー(卓上ガスこんろ) [HOME&CAMPバーナー](株式会社スノーピーク)

量スプーン [やくさじ](一菱金属株式会社)

ゴミ拾いトング [サンカ ゴミ拾いトング (L/M/S)](株式会社サンカ)

サービス [キャンピングオフィス](株式会社スノーピークビジネスソリューションズ)

書店機能付きライフスタイルホテル [箱根本箱](株式会社ASHIKARI)

2019年度グッドデザイン賞受賞に関する詳しい情報は、グッドデザイン賞のWebサイトで確認できる。