バイタルネットのグループ会社・バイタルグリーンが新潟市西区に本社移転

新本社

株式会社バイタルネット(本社=宮城県仙台市)のグループ会社である株式会社バイタルグリーン(新潟市)は、10月15日に本社と新潟営業所、特品営業所を新潟市中央区紫竹山から同市西区曽和字沢田に移転する。旧本社は老朽化が進んでおり、新本社を建築。広い駐車場を構え、倉庫や出荷用の設備と見られる機能も備えた。

同社は2002年、株式会社バイタルネット特薬グループの会社分割に伴い設立。殺虫剤や殺菌剤、除草剤など農薬を中心とした農薬関連資材の販売を主な事業としており、JAと小売店を顧客にしている。取り扱いの9割を占める農薬を中心に、農業関連資材、水処理剤などを提供し、農家が安全な農産物の安定した収量を確保できるよう、的確なアドバイスを行っている。また、厳しい試験をクリアした安全性の高い化学農薬、環境負荷の少ない微生物農薬を提供し、耕作地だけでなく公園や競技場、ゴルフ場などの緑地維持もサポートしている。

さらに、プールや浄化槽法流水の殺菌・消毒に用いられる製品や、人々の生活環境を脅かすような害虫を防ぐ薬剤など、環境と安全に配慮した商品も取り扱っている。

新本社前の看板

今まで本社は紫竹山インターチェンジのすぐ近くの市街地だったが、今後は新潟バイパスの終着点で一帯は田畑が広がるエリアに移る。農業に密着した新たな拠点で新潟の地場産業である農業の支援にさらに磨きをかけ、「スマート農業」など新たな農業にも対応することが求められそうだ。

一方、バイタルグリーンが移転した後に旧本社の活用方法をグループでどのように考えるかも今後の注目点だ

旧本社