新潟県が台風19号に関する情報連絡室会議を開催

台風第19号に関する情報連絡室会議(県庁にて)

新潟県への最接近は、12日の夜から13日の明け方

新潟県は10日、台風19号に関する情報連絡室会議を開いた。

会議には県の関係部局、東北電力が集まり、新潟地方気象台から予想進路などについて説明を受けた。その説明によると10日午前9時時点、大型で猛烈な強さを持った台風19号は、父島の南南西約490kmを北北西に進んでいる。そして12日の午前9時頃には進路を東寄りに変えながら北上し、関東地方に接近していく見込み。

台風は12日の夜から13日の明け方にかけて、新潟県に最接近すると予想される。それに先立って12日の午前中には雨、風、波ともに注意報が発令される見通しで、同日夕方までには暴風警報、波浪警報、大雨警報に切り替わる可能性が非常に高い。

明日11日の新潟県は、台風の北側の雲がかかって曇りとなる見込み。気象台では、屋外の作業は本格的に台風の影響が出る前までにしておくよう注意を呼び掛けた。

また県では、12日からの3連休における計画を見直したり、不要不急の外出は控えるよう呼びかけた。一方で今後、連休中に予定されているイベントについて、事前に中止等の連絡が発信されることも予想される。

新潟県の警報、注意報
https://www.jma.go.jp/jp/warn/323_table.html

新潟県の気象情報
https://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/323_index.html