JR東日本などがレンタカー無人貸出サービスの実証実験

18日から新潟、長岡、越後湯沢などで開始

エニカ

JR東日本とディー・エヌ・エー(DeNA)は18日、JR東日本レンタリースの保有車両を無人で貸し出すサービスの実証実験を始める。実験期間は来年6月まで。

DeNAが提供する個人間カーシェアリングサービス「Anyca (エニカ)」上で、JR東日本レンタリースの車両と、利用者をマッチングする。利用者は、エニカのスマホアプリで事前に車両を検索・予約し、クレジットカードで決済する。

車両には、アプリでドアの解錠・施錠ができるスマートキーデバイスを搭載。エニカのスマートキーデバイスを活用することで、通常対面で行なう貸出手続きを無人で行なう。

実施場所は、新潟、長岡、越後湯沢、新白河、福島、郡山のJR東日本レンタリースの店舗。日産NOTEを各1台ずつ提供する。料金は、4000円~/24時間(地域、時期によって異なる)。

両社は、実証実験を通して、駅の周辺観光施設への二次交通の整備など、観光客などの利便性向上に向けた検討を行っていく。

日産NOTE