上越やすねの味×新潟の酒 恵比寿「TASHINAMI」がオープン

 

上越市で120年の歴史をもつ老舗料亭「やすね」のクオリティを受け継いだ東京の料亭居酒屋「上越やすだ(恵比寿本店)」は2014年のオープンで、アスティア(長岡市、関川喜次郎代表取締役)が運営する。
そのアスティアが12日、上越やすだの近くに、女性が一人で立ち寄れ、日本料理と新潟の日本酒をカジュアルに楽しめる、立呑み処『TASHINAMI(タシナミ)』をオープンする。

ホテルやカフェなどのプロデュースを手がけきたクリエイティブチームが店の企画監修を行い、日本人だけでなく、外国人も意識した店づくりを行った。
新潟で生産される約90蔵の日本酒を楽しめるほか、酒蔵とのタイアップ企画(酒蔵の生産者の語らいととともに、酒を嗜んでもらう企画)などを用意するという。

なお料理は、
・雲丹、いくら、かに、マグロがあふれんばかりにのった名物寿司「こぼれ寿司」(1800円)
・120年受け継がれてきた料亭やすねの秘伝出汁を使用した「料亭仕込みのおでん」(150円~)
・牡蠣の燻製、くじらの軟骨漬け、平八の板わさなど「珍味各種」(300円~500円)
・都内では希少なメギスや幻魚など「上越こだわりの炙りもの」 (500円~700円)。
など。全て日本酒との相性を第一に厳選している(価格は全て税別)。

オープンに伴い、7月12日から22日までの期間限定で、武蔵野酒造の「スキー正宗」の振る舞い酒(なくなり次第終了)を開催するほか、のど黒が当たる「TASHINAMIくじ」を行う。

(店舗概要)
住所/東京都渋谷区恵比寿南3-1-2サウスビル1F
営業時間/17:00~23:00(日曜、祝日は定休)
電話/03-6303-0778