新潟県佐渡島出身の菊地大稀投手が読売巨人軍と仮契約を締結


菊地大稀投手

読売巨人軍は22日午前、先月11日の育成ドラフト会議で6位指名した桐蔭横浜大・菊地大稀投手(新潟県佐渡島出身)と横浜市内のホテルで仮契約交渉を行い、支度金200万円、推定年俸400万円で仮契約を締結した。巨人軍からは、博松伸介スカウト部次長と円谷英俊スカウトが出席した。

菊地選手は最速150kmの本格派右腕で、佐渡島初のプロ野球選手となる。

菊地大稀投手



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も