Negiccoデザインのラッピングバスが7月にお目見え

「Nii Port賑わい創造プロジェクト」の第一弾

7月にNegiccoデザインのバスが新潟市内を走る

新潟市は30日、Negiccoがデザインしたラッピングバス(新潟交通の路線バス)を7月中旬から運行すると発表した。来年1月1日に新潟開港150周年を迎えることから、市では、様々なプロジェクトやイベントを計画。ラッピングバスは、「Nii Port賑わい創造プロジェクト」の第一弾の事業となる。

同日、新潟市役所で、篠田昭市長、新潟交通の古川公一代表取締役常務、TEAM Nii PortのスペシャルクルーでもあるNegiccoが記者会見を行った。

Negiccoがデザインを考案し、ピアBandai、古町などを通る「みなと循環線バス」にラッピングする。車内アナウンスもNegiccoの声で行い、観光案内なども併せて行うことも検討している。

製作費は、クラウドファンディング「にいがた、いっぽ」で集める計画で、2月1日12時から4月21日まで募集を行う。目標金額は400万円。

募集金額は、1万円と5000円の2コース。返礼品は、1万円コースが、完成試乗会乗車参加券(1枚)、みなと循環線記念乗車券(1枚)、Nii PortのTシャツ(1枚)、新潟開港150周年ピンバッジ(1個)。5000円コースが、みなと循環線記念乗車券(1枚)、Nii PortのTシャツ(1枚)、新潟開港150周年ピンバッジ(1個)。

左から、新潟交通の古川公一代表取締役常務、篠田昭市長、Negicco

デザインのイメージを披露

Nii Port Tシャツ