2018年2月10日号(第17号)目次

今月は9日(金)の発売です

2018年2月10日号表紙(表紙の人=セコム上信越株式会社代表取締役会長 野沢慎吾氏)

【2、3面=ニュース&トピックス】

・県産材を使用したCLTパネル工法の施設が完成披露

・新潟クボタが新潟米のロシア輸出開始に向け準備

・新潟しんきん若手経営者の会

・中国~新潟空港間の新規航空路開設の行方

・富寿しがシンガポール以外の海外店の出店を検討

・今月のデータ1(表参道・新潟館ネスパス 平成29年12月売り上げ上位商品

・今月のデータ2(仮想通貨について)

 

【4、5面=特集=米菓業界】

・新品種の開発にまで取り組む、国産米へのこだわり 岩塚製菓

・「たなべのかりん糖」を事業継承した岩塚製菓の狙い

・品質×流通で個性を発揮する越後製菓と、さくら製菓

・『亀田製菓30年史』に見る、サラダホープ秘話

 

【6面=法律コラム、トレンド】

・コラム「不幸予防士渋井ちゃんの新潟弁法律教室」

・「リファラル採用」が地方でイマイチ浸透しない理由

 

【7面=にいがた逸品、住宅】

・山文の「木霊(こだま)」 素材と技術が織りなす至高の自然派米菓

・モリタ装芸が住宅商品のラインアップを拡充

 

【8面=エネルギー】

・新省エネ商材で本格展開開始 テクノナガイ

・県内初の新電力事業者が提唱する“ふるさと納電”新潟県民電力

 

【9面=国際貢献、開港150周年】

・国際大学で持続可能な開発目標(SDGs)に関するフォーラム

・開港150周年を迎える新潟港のブランド力向上に向けた取り組み

 

【10面=建築、新分野】

・地域密着の工務店に代わり施主に向けた“住教育”全国優良工務店支援協会

・機能性ゲル技術の応用でQOL分野へ ジオックス

 

【11面=ビットコイン】

・価格高騰で注目の仮想通貨「ビットコイン」県内の最新事情

 

【12、13面=インタビュー】

・ セコム上信越株式会社代表取締役会長 野沢慎吾氏

 

【14、15面=中国特集】

駐新潟中国総領事 孫 大剛氏 × 東日本国際大学客員教授 西園寺一晃氏

 

【16面=中国特集】

・中国人研修生受け入れと「友好の翼」 三条市国際交流協会 高波久雄会長

 

【17面=中国特集】

・食品産業を中心に

新潟と中国の経済交流の活性化を 新潟中華總商会 王裕晋会長

 

【18面=アクアリウム】

・今年4月にCoCoLo南館に錦鯉水槽を設置 アクアリゾート

 

【19面=暮らし、カフェ】

・グリーンライフの「宅配ボックス」

・新潟では数店舗 BEAN TO BARチョコを提供 ミチココ

 

【20、21面=シンガポール特集】

新潟県関係者が1月上旬にシンガポールを一斉に訪問

 

【22面=コラム「和の経営」】

「元号と西暦のちがいから見えてくる日本型資本主義」

ひとりシンクタンク2010代表 早川 和宏氏

 

【23面=新潟商人列伝】

外山脩造③

書き手・長岡大学経済経営学部教授 松本和明氏

 

【24面=写真ページ】

・平成29年度「新潟うまいものセレクション」

 

(購読のお申込み/お問い合わせ)

ホームページ http://www.niikei.jp

フリーダイアル 0120-915473

Eメール info@niikei.jp