新潟県が12月補正予算(追加提案)を発表、「ワクチン・検査パッケージ等実施事業」に46億1,800万円などを計上


新潟県は2日、12月補正予算(追加提案)を発表した。補正予算額は51億4,900万円で、補正後の今年度予算額は1兆4,639万円となる。

感染拡大防止と社会経済活動の両立を図るための必要な検査を無料で実施する「ワクチン・検査パッケージ等実施事業」に新たに46億1,800万円を計上。

感染拡大の傾向が見られるなかで知事の要請によって無症状者が受ける検査や、イベント主催者などが入場者のワクチン接種歴または検査結果の陰性いずれかを確認することにより行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」の検査の予算となる。

また、新型コロナウイルス感染症の影響により厳しい状況にある生活困窮世帯を支援するため、市町村が住民税非課税世帯に灯油購入費を助成する「灯油購入費助成事業」の費用として5億3,107万円計上。2,500円×世帯数分を各市町村に交付する。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も