生命保険協会新潟県協会が柏崎市社会福祉協議会に福祉巡回車両を寄贈


生命保険協会新潟県協会(新潟市中央区)は20日、新潟市内で福祉巡回車両の寄贈式を行ない、柏崎市社会福祉協議会(新潟県柏崎市)に車両を寄贈した。

生命保険協会新潟県協会は22の民間生命保険会社で構成。長年にわたり、加盟する保険会社で働く職員及び営業職員約5,000人から募金を集め、これを財源に地域の社会貢献活動を推進。これまでに、審査選考の上、多くの人々が訪れ、なおかつ高い公共性を有する施設に対し、福祉巡回車両や、AEDなどの救命機器を寄贈している。

社会福祉車両の贈呈式

感謝状の授与

この日は、新潟ユニゾンプラザ(新潟市中央区)で福祉巡回車両の贈呈式を行ない、生命保険協会新潟県協会の池上茂樹会長(第一生命保険株式会社新潟支社長)が、柏崎市社会福祉協議会の本間厚幸会長に車両を贈呈。この後、新潟県社会福祉協議会(新潟市中央区)の竹内希六会長から池上氏に感謝状が授与された。

生命保険協会新潟県協会の池上茂樹会長

池上氏は、「当協会が行う社会貢献活動の中で、特に大きな活動は、約5000人の職員及び営業職員から集めた募金を財源とする取り組みであり、この度寄贈させていただいた福祉巡回車両もこの一環です。地域の福祉向上のため、ご活用いただければ幸いです」と挨拶した。

柏崎市社会福祉協議会の本間厚幸会長

また本間氏は、「職員の皆様方による募金という本当に心のこもったかたちで、福祉巡回車両を寄贈いただいたことに感激しております。今後、この寄贈車を最大限活用し、介護分野を始めとする社会福祉活動に役立てるよう努めてまいります」と挨拶した。

生命保険協会新潟県協会の役員及び柏崎市社会福祉協議会の役員

生命保険協会新潟県協会は平成4年から現在まで、福祉巡回車両を計27台寄贈した。さらに、新潟県内のボランティアグループに対する助成支援の実績は累計299団体に及ぶ。

【生命保険協会新潟県協会の詳細】
加盟会社(50音順)/
アクサ生命、朝日生命、アフラック生命、エヌエヌ生命、オリックス生命、かんぽ生命、ジブラルタ生命、住友生命、ソニー生命、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命、第一生命、大樹生命、大同生命、太陽生命、東京海上日動あんしん生命、日本生命、富国生命、プルデンシャル生命、マニュライフ生命、三井住友海上あいおい生命、明治安田生命、メットライフ生命の計22社。
住所/新潟県新潟市東大通1丁目3番8号明治安田生命新潟駅前ビル8階
TEL/025-245-8981