通称「酒ガチャ」とSNSで昨年話題になったお酒の福袋が12月に数量限定販売

KURANDの酒ガチャ福袋2020

リカー・イノベーション株式会社(東京都台東区)は12月18日から1月20日まで、 同社が運営するお酒のオンラインストアKURANDで、昨年SNSで「酒ガチャ」と称され話題になり 、好評を博したお酒の福袋KURAND酒ガチャ福袋2020を数量限定で販売する。

福袋に入る日本酒のラインナップには、新潟県の酒蔵が提供する日本酒も含まれているという。宝山酒造(新潟市西蒲区)の「酒を売る犬 酒を造る猫」(福袋限定版/純米大吟醸)をはじめ、玉川酒造(魚沼市)や長谷川酒造(長岡市)、天領盃酒造(佐渡市)、津南醸造(津南町)が提供する銘柄だ。このほかにも、埼玉県や和歌山県など各地の銘柄がラインナップされている。

宝山酒造の酒を売る犬 酒を造る猫

KURANDの酒ガチャ福袋2020は、全国各地のまだ表に出ていない小さな酒蔵の日本酒・果実酒を厳選。今年は松・竹・梅の3つのプランから選択できる。さらに、オンラインストアKURANDで次回から利用できる割引クーポンKURANDからのお年玉はどのプランにも同梱されている。福袋のため、お酒はランダム封入となるが、中には非売品のお酒や高単価のお酒も含まれている可能性があるという 。

なお、年内の配達を希望する場合、注文受付は2019年12月28日までで、基本送料は無料となっている。

 

<KURANDの酒ガチャ福袋2020の詳細>
注文受付期間/2019年12月18日(水)~2020年1月20日(月)
KURANDのオンラインストアURL/https://store.kurand.jp/pages/happybag
プラン:松・竹・梅の3種類

酒ガチャ福袋【梅】プラン/1万円(税別)
KURANDがストーリーを大切にパートナー酒蔵とともに開発した日本酒・果実酒5本をはじめ、KURANDのお猪口や、お猪口が入るKURANDのお猪口専用巾着、KURANDからのお年玉など計8点以上が詰まった、 KURANDビギナー向け福袋。中には、福袋限定スペックでKURANDで人気の「酒を売る犬 酒を造る猫」や「理系兄弟」の正月限定版(非売品)が入っている可能性がある(福袋限定商品が入っている可能性があるプランは、「梅」プランのみ )

酒ガチャ福袋【竹】プラン/2万円(税別)
KURANDがストーリーを大切にパートナー酒蔵とともに開発した日本酒・果実酒9本をはじめ、KURANDのお猪口や、お猪口が入るKURANDのお猪口専用巾着、KURANDからのお年玉など計12点以上が詰まった、KURANDエキスパート向けの福袋。中には、小売価格4,200円(税別)のスパークリング日本酒「白那」などの高単価のお酒も入っている可能性がある。

酒ガチャ福袋【松】プラン/3万円(税別)
KURANDがストーリーを大切にパートナー酒蔵とともに開発した日本酒・果実酒12本をはじめ、KURANDのお猪口や、お猪口が入るKURANDのお猪口専用巾着、KURANDからのお年玉など計15点以上が詰まった、KURANDエキスパート向けの福袋。 中には、小売価格15,000円(税別)のヴィンテージ梅酒「UMESHU THE AMBER」などの高単価のお酒が2点以上入っている可能性がある。