新発田病院が新発田労働基準監督署から時間外労働に関して是正勧告

18日、新潟県立新発田病院が新発田労働基準監督署から、時間外労働に関して是正勧告を受けた。

是正勧告の内容は、時間外労働に関する協定(三六協定)の違反。今年6月において、協定上限の75時間超えの医師が7人いたという(80時間超5人、100時間超2人、最大146時間)。このため、新発田病院に対し以下のことを指導した。

・三六協定違反の発生原因の分析と再発防止策の検討
・時間外勤務命令簿とタイムカードの記録とに相違がある場合、職員に聞き取りなどを行い実態調査をすること
・宿日直体制が「医師、看護師等の宿日直許可基準」に適合しないおそれがあることから、勤務体制の改善を行うこと

新発田病院では今後、是正勧告を受けた事項について、対策を検討し改善に向けて取り組むという。

新潟県立新発田病院