新潟市中央区の万代シテイで、「クリスマス献血キャンペーン2019」が開催中

インターアクトクラブのメンバーが献血を呼びかけている

新潟市中央区の万代シテイで、「クリスマス献血キャンペーン2019」が行われている。日頃、様々な奉仕活動に取り組んでいる新潟市内にある5つの高校(東京学館新潟、敬和学園、県立新潟向陽、日本文理、新潟明訓)のインターアクトクラブのメンバーと先生、大学生などが、献血の協力が減少しやすいこの時期に、道行く人に献血の協力を呼びかけている。

今年は5つの高校生約80人と、大学生(新潟大、新潟県立大など)約20名が、サンタの帽子をかぶって、献血を呼びかけている。その効果もあって、取材中も、献血の手続きを行う「赤十字テント」内に入っていく人々の姿が見られた。

また万代シテイ2階の特設会場では、各高校の合唱部による献血呼びかけコンサートも行われている(記事下にスケジュール)。

インターアクトとは、International actionの略で、社会奉仕団体である国際ロータリーが提唱し、次世代を担う青少年に奉仕の心を育み、国際理解を促進する世界的な活動。旧新潟市内には、5つの高校にインターアクトクラブがあり、介護奉仕や海岸清掃奉仕などを行っている。

【クリスマス献血キャンペーン2019】
会場/万代シテイ周辺、万代シテイ2階特設会場
開催時間/12月22日10:00~15:00
主催
新潟5校インターアクトクラブ合同実行委員会、新潟明訓高等学校インターアクトクラブ、敬和学園高等学校インターアクトクラブ、東京学館新潟高等学校インターアクトクラブ、新潟県立新潟向陽高等学校インターアクトクラブ、日本文理高等学校インターアクトクラブ
共催
新潟県赤十字血液センター、万代シテイ商店街振興組合、新潟ロータリークラブ、新潟東ロータリークラブ、新潟北ロータリークラブ、新潟中央ロータリークラブ、新潟万代ロータリークラブ、新潟南ロータリークラブ、新潟西ロータリークラブ、2560地区ローターアクト、2560地区インターアクト、新潟県学生献血推進協議会「ときっち」
協賛企業・団体・個人
/ロータリークラブのメンバーを中心に200弱

(上写真2枚)赤十字テント

献血バス

インターアクトクラブの皆さん

呼びかけの際に配布されていた資料より