29日の新潟県内は一時寒さが和らぐ、30日以降は再び降雪の予報


新潟県妙高市を走る除雪車の姿(29日14時ころ)

強い寒気が流れ込んだ影響で、今週始めごろから全国各地で大雪となっているが、29日の新潟県内はところによっては日も差す時間もあるなど、比較的穏やかな1日となった。

沿岸部で比較的雪の少ない新潟市中央区内では、午前中は晴れ間が覗き、15時ごろには一時雨雲が空を覆ったが、雪ではなく雨となり、道路で踏み固められた圧雪の雪解けも進んだ。

気象庁によると、29日17時現在の新潟市中央区の気温は8.5度で平年差プラス1.5度と12月中旬並。雪の降った28日と比べるとプラス4.9度と寒さが和らいでいるのが分かる。

新潟市中央区の新潟県庁と千歳大橋(29日11時ころ)

晴れ間の見えた29日の日中には、新潟県妙高市では除雪作業をする姿があちこちで見られた

ほかの県内の主要都市に目を向けると、長岡市長岡は4.6度で平年からマイナス1.2度の1月中旬並み(前日差プラス2.0度)と冷え込んだが、上越市高田では8.1度でほぼ平年並み(前日差プラス5度)、佐渡市相川では9.5度で平年差1.4度の12月中旬並み(前日差プラス5.2度)など、ここ数日と比較して暖かい場所が多かった。

27日から大雪に見舞われ、28日には日最深積雪が115センチを記録した妙高市関山でも29日の気温(気象庁 17時時点の情報)は7.7度、平年日プラス3.1度の12月上旬並み。また前日比で見るとプラス7.7度となった。

妙高市内では日中に晴れ間が見えたこともあり、除雪機で雪を飛ばす姿やスノーダンプで除雪をする住民の姿があちこちで見られた。同市の山沿いの地域では、道路脇に50センチほどの雪の壁が出来上がっていたほか、大型除雪車の姿も見られた。

一方で、今後30日以降は全国で再び寒さが強まる予報で、気象庁によると県内各地域(上・中・下越・佐渡)で降水確率は80から90%。気温も29日と比べて下がる見通しだ。また、一時的に雪解けが進んだことで雪崩などの危険性もあり、気象庁の発表する注意報や新潟県の提供する降雪予報などのチェックをこまめに行うようにしたい。

新潟県妙高市の店舗には大きな「つらら」が出来ていた

 

【関連リンク】
新潟県の雪情報

新潟地方気象台 「北陸地方の雪に関する情報」

気象庁 「日最高気温一覧表」

気象庁 「新潟県の天気予報」

 

【関連記事】
新潟県が2021年度の雪による被害状況を発表、上越市では除雪作業中の男性が死亡(2021年12月28日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も