佐渡島の金山の世界文化遺産国内推薦選定を受け、新潟県佐渡市の渡辺竜五市長がコメント【(株)佐渡テレビジョン(2021年12月28日)】


文化審議会世界文化遺産部会は、「佐渡島の金山」を今年度の世界文化遺産国内推薦候補として選定すると28日に答申しました。午後2時、市役所本庁の市長室で新潟県からの連絡を受けた渡辺竜五佐渡市長。

文化審議会は選定理由として、推薦書の提出までに分かりやすい表現となるよう推薦書案の記述内容を一部修正すべきとの課題はあるものの、全体的に顕著な普遍的価値が認められ構成資産は十分な保護措置を受けているとしています。

また、28日の年の瀬に答申が出されたことについて渡辺市長は、「年内にしっかり答申をいただいたことは、私どもとしてはありがたいと思います」と話しました。

一方で、この選定は推薦の決定ではなく、「今後政府内で総合的な検討を行っていく」と異例の一文付きでの答申となったことに対して渡辺市長は、「我々としてはこの文化の遺産というのは日本の誇りでもあるわけでございますし、これを世界に発信していただくということは、当然これからもしっかりとお願いをしていきたいと考えています」と話しました。

また、異例の一文について朝鮮労働者の問題が影響しているとの見方があるのではといった記者からの質問に対して渡辺市長は、「どういう影響があるのかにつきましては、外交の部分もございますので、私どもは情報把握出来ていません。我々としては江戸時代の文化ということでございますし、世界でも珍しくあの大規模な金山を手工業でやっている江戸幕府のしくみ、こういったものだと思いますので、こういった価値を世界にしっかり届けていかなければいけない」と話しました。

なお、ユネスコへの推薦書提出は来年2月1日が期限となっていて、政府がどのような判断を下すか注目されます。

また、国内推薦候補への選定に関して花角英世新潟県知事は、「登録の実現をめざして20年あまりにわたり取り組みを続けてきた本県にとって大きな前進であり感謝申し上げる」としながらも、「今後政府内で検討されることについてこれまでと同様文化審議会の答申を踏まえて決定して頂きたい」とコメントしています。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も