新潟ふるさと村で年始縁起イベント。獅子舞の演舞が披露される

新潟市西区の道の駅「新潟ふるさと村」で1日から3日まで、「年始縁起イベント」が開催されている。

期間中、バザール館内で買い物や食事をした人を対象に「新年運試し大抽選会」をお子案っているほか、獅子舞の演舞(10時~、12時~)、餅つき&振る舞い(13時~)が行われる。

1日12時から行われた獅子舞の演舞は、防火のはしご乗りなどを行っている「一番会」が1991年のふるさと村のオープン以来、毎年演じているという。獅子舞は、太鼓や笛の演奏に合わせて踊りながら客席をまわり、会場に集まった買い物客らの頭をかんでまわっていた。なお獅子舞の1かみで5年、2かみで10年長生きできるほか、獅子舞にかまれた子供たちはたくましく育つそうだ。

新潟ふるさと村は、インバウンド観光客も訪れる県内屈指の人気スポット。バザール館では、新潟の酒・米・魚などの自慢の味覚や特産品、伝統工芸品などを一堂に取り揃え販売しているほか、飲食店街では、旬の素材を使った郷土料理が味わえる。またアピール館では、県内市町村の観光情報が検索できる情報検索コーナー、観光地のPR映像などを放映する大型ディスプレイ、県の観賞魚である錦鯉の水槽などがあり、新潟県の情報発信基地になっている。

入館者数はバザール館が171万3700人、アピール館(正面入り口とグリーンハウスの合計)が60万3400人(平成30年度実績)。

(上写真3枚)獅子舞の演舞

会場の様子