ウルトラセブン放送50周年を記念してつくられたウルトラセブン柄のスツール、新潟県長岡市のふるさと返礼品


長岡市のふるさと納税返礼品には、ウルトラセブン放送50周年を記念してつくられたウルトラセブン柄のスツールがある

ふるさと納税メディア「ふるさと納税ナビが」が昨年12月27日に更新した特集「【2021年】ふるさと納税『変わり種』見るだけで面白い返礼品25選!」に新潟県長岡市の返戻品2件が紹介されている。

一つは、せいろなどを江戸時代から作ってきた足立茂久商店(長岡市)の、ウルトラセブン放送50周年を記念してつくられたウルトラセブン柄のスツールだ。

寄付金額は20万円と少々高いが、新潟県内の職人が丹精込めて作り上げ、座面の布地は越後亀紺屋藤岡染工場によるものでキレイな色に染められているという。

構造部材は、天然木、合板、金属(鉄)で、表面はオイル仕上げで加工している。また張り材は綿、クッション材はウレタンフォームという。寸法は幅360×奥行360×高さ455ミリメートル。

そして、もう一つは、布団クリーニング3点だ。家庭で丁寧に手入れしているつもりでもダニや汚れは完全に取り切ることができないという。こうしたなか、布団についたダニやホコリ、汚れを除去する人にオススメのようだ。アレルギー物質まで取り除き、布団を綺麗に蘇らせてくれるという。

寄付金額は5万円。

ふるさと納税ナビは、主にふるさとチョイス、さとふる、楽天ふるさと納税、ふるなび、ふるさとプレミアムなど主要ふるさと納税サイトの中から「還元率が高い返礼品」「個数限定の返礼品」「期間限定の返礼品」「人気返礼品ランキング」などをチェックし、おすすめの返礼品を紹介しているという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も