ANA とJALが年末年始期間の利用実績を公表

  • 5か月前
  • 企業

全日本空輸株式会社(ANA)と日本航空株式会社(JAL)は、年末年始期間(12月27日〜1月5日)における新潟空港発着便の利用実績を公表した。

利用者数は、沖縄や名古屋など6路線を運航するANAが1万9947人、一方JALは札幌線と大阪線の2路線で7184人だった。今年は最大9連休となったことで、両社ともに利用者数・利用率のどちらも前年を上回った。

ANAの発表資料より

JALの発表資料より