新潟県の花角英世知事が観光やイベント関連の需要喚起策に向けてコメント


新潟県の花角英世知事

新潟県の花角英世知事は4日、会見を行いイベントや行事関連の支援、および観光需要への喚起などについて、記者からの質問に答えた。

記者からの「コロナ禍において多くの影響が懸念されるイベント関係者への支援をどう考えているか」という質問に対し、花角知事は「これまで県では感染防止対策の徹底が前提とした上で、需要拡大消費喚起の助成制度を2年続けて設けてきた。今年も経済を回復させるという意味でも、イベントや行事への支援は考えていきたいと思っている」と話した。

続いて、観光需要の喚起策への質問に対し、花角知事は「本日から県民割キャンペーンが隣県との間で相互に適用され、利用の対象が広がった。それによりもう一段階の観光需要喚起へつながっていくと思っている。国は今後『GOTOトラベル』も計画しているようなので、それまでの間このキャンペーンの効果が続いて欲しい。一方でオミクロン株の流行が心配されるが、しっかり注視しながらも観光需要の喚起を続けていきたい」と話した。

このほか、2021年に国から上越区域(糸魚川、妙高市、上越市)が地域医療構想の実現に向けての重点支援区域に選定されたことへの受け止めについての質問があった。花角知事は、「持続可能な医療体制の構築は力を入れて取り組まなければならないと以前から思っていた。透析治療の問題もあり、急がなければならない。重点支援地域に選定を1つの追い風に関係者の間での検討調整をいっそう促進していきたい」と話した。

新潟県の花角英世知事



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も