新潟県三条市がビジネスカジュアルスタイルでの勤務を開始、「三条市役所版働き方改革2022」の一環


デスクワークの職員を中心にパソコンのデュアルティスプレイ化も進めている(写真は三条市の報道資料より)

新潟県三条市が、通年でネクタイを外しジャケットにシャツ、スラックスといったビジネスカジュアルスタイルでの勤務を今年1月、県内の自治体で初めて導入した。自由な発想、アップデートが求められているなか、ビジネスカジュアルスタイルにより柔軟に思考し、フットワーク軽く動くことを目指している。

「三条市役所版働き方改革2022」の一環。この働き改革2022を推進することで、若い人たちから働く場所として「選びたくなる三条市役所」にしていくとともに、職員の能力がより発揮できる職場環境にすることで、さらなる市民サービスの向上につなげていくという。

働き方改革2022では、1月から文書管理・電子決裁システムも導入し、ペーパーレス化と業務効率化を推進。これにより、起案や文書検索、廃棄などを行う職員の作業量が6割、用紙購入等に必要な経費が3割それぞれ削減される見込み。

また、デスクワークの職員を中心にパソコンのデュアルティスプレイ化し、作業効率の向上を図っている。現時点で100台設置し、今後は順次700台に増やす予定。

このほか、リモートワークや、男性職員の育児休業のさらなる促進も推進している。リモートワークでは、消防と保育所を除く全部署において、窓口業務などに支障のないよう調整しつつ、育児や介護のみならず職員誰もが実施できる。

男性の育児休業取得者数は、昨年度1人(取得合計日数6日間)、今年度4人(取得合計日数342日間)となっている(昨年11月末現在)が、市では、希望する全職員の取得を推進しているという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も