レストランの三宝グループがフィットネス事業へ進出

5月1日に中央区女池にオープン

5月1日にオープンの予定「Re:Birth」(リ・バース)

国内外で「レストラン三宝」などを展開する三宝(新潟市西区、金子博信社長)は5月1日、新潟市内にフィットネススタジオをオープンする。

三宝グループによるフィットネス&ホットヨガスタジオの名称は、「Re:Birth」(リ・バース)。新潟バイパス・桜木ICに近い中央区女池2丁目7‐3に建設中で、4月15日から内覧会を行う予定だという。

建物は3階建てで、1階がジムスペース、2階がフリースタジオ、3階がホットヨガスタジオとなっている。FCチェーンではなく、「Re:Birth」は三宝が独自に展開するフィットネススタジオだ。

昨年創業50年を迎えた三宝だが、県内外でファミリーレストラン『レストラン三宝』、らーめん専門店『さんぽう亭 / 三宝亭』などを展開している。県内の外食産業で同社は注目株の一つ。既にシンガポールやカナダなど、海外進出も果たしている。

三宝にとって「Re:Birth」は食以外では初めての事業展開となる。食に加え、健康分野での顧客開拓を目指す。

フィットネスクラブを巡っては、三幸製菓のグループ会社であるハッピーキューブ(新潟市)が昨年8月、フランチャイズ(FC)展開する24時間営業の「エニタイムフィットネス」を新潟駅前のビルにオープンしている。

昨年、新潟駅前にオープンしたエニタイムフィットネス