新潟県村上市と糸魚川市が職員の新型コロナウイルス感染を発表

  • 1週間前
  • 社会

新潟県村上市は14日、市役所に勤務する職員2人が新型コロナウイルス感染症に感染したと発表した。感染が確認されたのは農林水産課の20歳代男性と、企画財政課の30歳代男性。

現在、関係者のPCR検査を実施しており、3階フロアは一部制限して来庁者の安全を確保したうえで通常通りの業務を継続しているという。

また糸魚川市でも同日、市総務部総務課の職員の20歳代女性が感染したと発表。濃厚接触者や行動歴、感染経路などは現在調査中である。

なお県内では13日と14日、1日あたりの新規患者数が200人を超えており、学校などの施設でも感染が確認され臨時休校などの措置がとられている。

 

【関連記事】
新潟市や村上市、三条市、上越市などの学校や児童クラブで新型コロナウイルス感染症患者、臨時休校などの措置も(2022年1月14日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も