オミクロン株感染急拡大を受け、県内自治体が観光キャンペーンを相次いで一時停止


新潟県内におけるオミクロン株感染の急激な拡大を受け、県内の自治体が相次いで観光キャンペーンの一時停止を打ち出したし。

県は19日20時から当面の間、「使っ得!にいがた県民割キャンペーン」の新規予約を停止する。再開時期は未定。既に予約した旅行または宿泊については、引き続き割引が適用され、地域クーポン券も引き続き利用できるという。

「使っ得!にいがた県民割キャンペーン」は、新潟県民、山形県民、群馬県民、富山県民および長野県民が対象。宿泊、日帰りともに50パーセント割引または最大5,000円割引で、さらに2,000円の地域クーポンが付くというものだった。

また、県は19日20時から当面の間、「にいがたスキーOni割キャンペーン」のリフト券などの販売も一時停止する。再開時期は未定。「にいがたスキーOni割キャンペーン」は3月末までの期間で、県内スキー場でリフト券やレンタルなどが半額になるキャンペーン。

なお、購入済みのリフト券等については、引き続き利用できるが、利用時にワクチン接種証明または、検査結果証明などの提示が必要になる。

糸魚川市も19日20時から、市独自の宿泊割引「糸魚川今すぐGoToキャンペーン」の新規予約の受付を停止する。ただし、すでに予約された宿泊については、引き続き割引が適用されるという。

「糸魚川今すぐGoToキャンペーン」は1月31日宿泊分までの期間で、糸魚川市内の宿泊施設の宿泊料金に応じて1人1泊当たり、最大5,000円を割引するもの。割引対象者は新潟県民、山形県民、群馬県民、長野県民、富山県民、石川県民、福井県民となっていた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も