株式会社電脳交通(徳島県徳島市)のタクシー配車システムが、さどまる倶楽部アプリと連携


株式会社電脳交通(徳島県徳島市)が提供するシステムサービスのイメージ(画像提供・電脳交通)

株式会社電脳交通(徳島県徳島市)は、自社開発したクラウド型タクシー配車システム「電脳交通(R)」を、新潟県佐渡市内で運用されている無料アプリ「さどまる倶楽部」アプリと連携させ、アプリからタクシー配車依頼が行えるサービスを14日に開始した。

佐渡市のタクシー利用において、従来の電話による配車依頼に加え、「さどまる倶楽部」からもタクシー配車依頼が可能となる。佐渡島内の複数のタクシー事業者が対応しており、利用者からはタクシーが呼びやすくなり、タクシー事業者にとっては機会損失にならない仕組みという。

人口減少と高齢化が進む佐渡市では、消費活動や交通に関するデータ利活用による島の活性化を目指して、国土交通省の「令和3年度スマートアイランド推進実証調査」の実施に取り組むこととなった。

佐渡島の地域交通では、路線バスとタクシーが対象となるが、とくにタクシーにおいてはドライバーの高齢化や人材不足により繁忙期は供給が不足するなど、二次交通の充実が課題となっていた。そこで佐渡市内のタクシー事業者が連携し、新たなタクシー配車システムを導入することで、観光客や市民の円滑な移動サービスの実現に取り組むもの。

電脳交通は、ドアtoドアの輸送が可能な公共交通であるタクシー事業者向けの配車システム提供を通じ、 地域交通の維持・存続に取り組んでいる。2019年からは全国の地方自治体・公共団体・民間企業と連携し、多くの実証実験を実施して必要なシステム提供と機能強化を進めている。

電脳交通が行う地域公共交通の支援実績エリア一覧



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も