マレーシア最大のテレビ局などの一行が上越市などを取材


あられに興奮する一行

新潟県観光局や上越市、妙高市、佐渡市の主催で、26日までマレーシアのメディア関係者による各市観光地を取材が行われている。そのうち、23日には上越市の日本最古級の映画館である高田世界館や雁木通り、江戸時代創業の和菓子店の高橋孫左衛門商店などを取材した。テレビ局などの一行はあられが降って喜んだり、古い建物に興味を持つなど、時間いっぱいまで取材を続けていた。

県がインバウンド需要を高めようと、各市の連携で企画。毎年、タイや中国などの影響力のあるインフルエンサーを呼んでいる。一行はマレーシア最大のテレビ局「TV3」のクルー2人と、ユーチューバーのフリーカメラマン、インスタグラマーの4人。

21日に上越妙高駅に入り、妙高市に宿泊。22日は妙高市の池の平温泉でスノーシュー体験をしたほか、上越市立水族博物館うみがたりを見学した。23日は、最初に高田世界館を訪問。同館の上野迪音支配人にインタビューしたり、築100年以上という古い建物や昔ながらの映写機に興味を持っていた。また、雁木通りの撮影中、急にあられが降ってきて、おそらく初めてみるであろう光景に一行は興味津々だった。

上野迪音支配人にインタビューするクルー

TV3の局員は「レトロな部分が気に入った。映画の機材は初めて見て興奮した。建物は古いが、最新の映画をやっているというのはいいと思った」と話していた。一行は25日には佐渡金山などを取材し、26日に帰国予定。

古い映写機に興味津々