有毒なフグの卵巣が混入した「フグ白子」が販売され、販売元が自主回収中


新潟県村上市のマルト鮮魚(株)が22日に除毒処理し、業務用として販売した「フグ白子」の中に、有毒部位であるフグの卵巣が混入していたことが判明したことから、自主回収を始めた。

新潟県は、流通状況を公表するとともに、商品を購入・保管している人は、決して食べずに販売元へ返品しするよう呼びかけている。

販売先は以下の通り。
・(株)カトウ食材(新潟市中央区)
・(株)ホリカワフード(同上)
・堀川鮮魚(株)(同上)
・(有)渡辺鮮魚店(同上)
・後藤水産(株)(新潟市江南区)
・(株)三条水産(三条市)
・(株)三条魚市場(同上)
・(株)カトウ食材長岡店(長岡市)
その他県外分は現在調査中

なお梱包形態は発泡スチロール製箱入り。