新潟県、新型コロナウイルス感染者が県内で初めて確認されたことを受けて対策本部会議を開催


新型コロナウイルス感染症に関する対策本部会議

新潟県は29日、新潟市内で新型コロナウイルス感染者が県内で初めて確認されたことを受け、「新型コロナウイルス感染症に関する対策本部会議」を開催した。

花角英世知事は冒頭挨拶で「新潟市の保健所で疫学調査を実施し、接触した方の健康状態について確認しているところ。県も新潟市と密接に連携を取って対応を進めていかなければならない。そして何よりも県民の皆様に迅速、正確な情報提供に努めるとともに県民の不安の声を受け止める相談体制に一層万全を期していただきたい。また県民の皆様に過度に心配することなく通常の季節性インフルエンザ対策と同様に、手洗い、消毒の実施、咳が出る場合は咳エチケットの励行などに務めていただけつよう周知徹底に務めていただきたい」と述べていた。

また、会議終了後の取材の中で、花角知事は、「国内で感染が広がっている状態の中で県内でもいつ感染者が出てもおかしくない状態であるという認識だった。今日初めての感染者が出たということで、新潟市の疫学調査をしていますので、しっかりと情報をフォローし、新潟市と連携を密にしながら対応を進めていかなければならないと思っている」などと話していた。さらに感染拡大の懸念があることから、「しっかりと医療対応が取れるよう医療機関とも連携を進めている」と話していた。

厚生労働省から、患者の情報提供に関する統一的な基準が示されていない中、新潟市が厚生労働省と調整し発表をしていると思うが、県としてもしっかりとフォローしていきたい」と話していた。

花角英世知事