高田城址公園観桜会の延期・中止も検討へ、新潟県上越市が対策本部会議を開催


対策本部会議の様子

上越市は29日夕、「第1回新型コロナウイルス感染症対策本部会議」(本部長・村山秀幸上越市長)を同市役所で開いた。新潟市で新型コロナウイルスが発生したことから、同日夕、警戒本部から対策本部に切り替えた。現在同市は県内発生期の「レベル2」の段階にある。4月の高田城址公園観桜会や成人式の実施の延長や中止も検討し、近々に判断する。緊急金融支援も実施する。

中学校の卒業式は3月2日、3日の日程のものは実施する。4日以降は前倒しで実施する予定。中学校の修学旅行は延期する。放課後児童クラブは3月9日から21日まで特別に開設するが、現在前倒しで調整しており、4日から開設できるようにする。

村山市長は「上越市でも発生することを想定して、万全な対応が取れるようにしてもらいたい。市民の皆さんには手洗い、マスクの着用、人ごみに行かないなどをしっかりお伝えすることをやってもらいたい」などと話した。

上越市の村山秀幸市長

4月の高田城址公園観桜会や成人式の実施の延長や中止も検討するという