新潟—仁川(韓国・ソウル)、6日の便を最後に5月末まで運休


新潟空港(6日)

大韓航空(デルタ航空、日本航空が共同運航)が運航する新潟—仁川(韓国・ソウル)間の定期便が運休に入った。当初は6日の便を最後に今年5月31日まで運休に入る予定だったが、前倒しで運休となった。

新潟—仁川間は水曜日と日曜日(金曜日は運休)に定期運航。今年3月29日からは、火曜日、木曜日、土曜日の週3便を運航する予定だったが、コロナウイルス感染拡大の影響で、5月31日まで運休する。

新潟―ソウル便は、1979年12月17日に週2便で運航を開始した。大阪、東京、福岡などに次で5番目の就航だった。また2018年と2019年は、韓国から新潟県内のスキー場などを訪れるインバウンド観光客が増える2〜3月に週5便で運航していた(ただ、今年は両国間の関係冷え込みで需要が減少したこともあり、増便はされなかった)。

一方、仁川便の運休により、新潟空港の国際線定期便は、当面の間、1便も運航されないことになる(上海線は2月12日から4月25日まで運休、ハルビン線は2月12日から4月28日まで運休、3月28日まで運航が予定されていた香港線は3月4日の便をもって前倒しで運休)。