新潟市内で新たに11~13例目(県内12~14例目)の新型コロナ感染を確認、うち1名は乳幼児。市が説明


説明を行う新潟市

新潟市内で11~13例目(県内12~14例目)の新型コロナウイルス感染が確認されたことを受け、新潟市は12日、説明会を開いた。

11例目の感染者(中央区、30歳代女性、無職)は、9例目の感染者(中央区、30歳代男性、会社員)の家族(妻)で、12例目の感染者(中央区、10歳未満男性で乳幼児)も同じく9例目の感染者の家族(子供)。11例目の感染者に症状はなく、12例目の感染者は鼻水などの症状はあるものの軽症だという。2名が親子で別々の病院での受け入れは適切でないとの判断から、両名とも今日中に新潟市民病院に入院予定だという。

13例目の感染者(東区、30歳代女性、会社員)は、現時点で感染経路のわかっていない10例目の感染者(中央区、30歳代男性、ニプロ新潟支店勤務)の濃厚接触者。この女性の勤務先については明らかにされなかった。この患者は現時点で特段の症状がみられず、今日中に県立新発田病院に入院予定だという。

13例目の感染者は、10例目の感染者の行動歴について聞き取りを進める中で、濃厚接触者と判明。市が公表した内容によれば、両名とも3月3日午後5時45分ころから同9時ころまでの間に、新潟市東区所在の「東総合スポーツセンター」を利用し、屋内スポーツを行っていたという。

市はこの行動歴を明かした理由について、10例目の感染者の発症時期などから判断して無症状でも感染を拡大させる可能性がある時期であったこと、3日が東総合スポーツセンターの個人利用の日に当たり、不特定多数の人が利用しており、広く注意喚起する必要があったことの2点を説明。さらに、両名がメインアリーナを中心に利用していた可能性に触れた。ただ、両名の面識の有無・利用した詳細な時間帯・具体的な利用状況については、今後、更なる聞き取りを進め、状況を整理し必要に応じて公表を検討するとして公表を控えた。

3日の東総合スポーツセンターの3月個人利用予定表によれば、両名が利用した時間帯である同日午後5時から午後9時は、メインアリーナでバドミントン4面・卓球6台・バウンド(バウンドテニス)4面がセッティングされているほか、アリーナ上階のランニングコースが利用可能となっている。ただ、市は同日の実際のセッティング状況について現時点で確認が取れていないという。

10例目の患者の発症時期や症状の経過、通院先の病院などといった行動歴についての詳細は現在も調査を進めており、11~13例目の患者も3人とも各々の行動歴や濃厚接触者については調査中だという。

このほか、市は、8、9例目の感染者の行動歴について、10日までに判明した範囲で公表。8例目の感染者(秋葉区、60歳代男性、会社員)は3月3日夕方から37~38度台の発熱がみられ、7日に医療機関を受診、9日に保健所から7例目の感染者(中央区、40歳代男性、会社員)の濃厚接触者である旨連絡。この後、健康観察期間中に発熱がみられたことからPCR検査を実施。10日にこの検査で新型コロナウイルスの陽性が判明し、市内の協力病院に入院する形になったという。

9例目の感染者(中央区、30歳代男性、会社員)については、3月6日に38度台の発熱がみられ医療機関を受診、9日に保健所から7例目の感染者の濃厚接触者である旨連絡。この後、健康観察期間に発熱がみられたことからPCR検査を実施。10日にこの検査で陽性が新型コロナウイルスの陽性が判明。市内の協力病院に入院する形になったという。

なお、昨日、市では濃厚接触者19名、この他の3名にPCR検査を行い、濃厚接触者から3名の陽性が判明。陰性となった13名の濃厚接触者には6例目の感染者(中央区在住、50代女性、保育園職員)の勤務先である山潟保育園の園児8名が含まれており、この他の3名のうち2名には同園児の保護者2名が含まれるという。山潟保育園では今日から代替保育を開始しており、利用者は数名程度で非常に少ない状況だという。現在、同園で確認されている6例目の感染者の濃厚接触者は園児41名、職員18名の計59名。

このほか、市が把握している現時点での1~10例目の感染者の濃厚接触者の内訳は、1例目54名、2例目92名、3例目100名、4例目34名、5例目0名、6例目95名、7例目20名、8例目10名、9例目15名、10例目19名の、計439名となっている。

新潟県内の新型コロナウイルス感染者の相関図