新潟県上越市の老舗料亭やすねが宴席部門を休業


やすね

新潟県上越市の老舗料亭やすね(安田浩社長)が、宴席部門を休業することが関係者などの取材でわかった。従業員の一部は4月15日付で解雇となる。新型コロナウイルスの影響などで、イベントや宴会のキャンセルが相次ぎ、苦渋の決断となった。なお、居酒屋の「かくれ屋おと」業態3店舗、グループ企業が東京で展開する割烹「上越やすだ」3店舗は継続の見通し。

関係者によると、今月11日に従業員に説明があったという。同社は1894年創業。結婚式場や法事、宴会のほか、夏季には屋上ビアガーデンも営業。2007年には「かくれ屋おと」仲町店、2010年に同店御幸店、2019年には同市仲町に「おとはなれ」をオープンしていた。「おと」業態は継続する見通し。

なお、グループ企業の割烹「上越やすだ」は恵比寿店、銀座二丁目店、新橋銀座口店の3店舗を展開しており、営業は継続する見通し。

上越市では老舗の名門だけに、閉鎖に関して同市内では落胆の声も聞かれている。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから