新潟県上越市に高級食パン店「おい!なんだこれは!」開店


「おい!なんだこれは!」外観

新潟県上越市にユニークな名前の店舗が20日にオープンする。その名も「おい!なんだこれは!」。店名と外観だけでは何の店かは分からないが、実は高級食パン専門店だ。運営するのは石川県、新潟県などで飲食店を展開するビッグチョイス(板谷恒太郎社長)。以前の店舗は同社が展開する鶏料理専門店「とりごこち」だった。ベーカリープロデューサーでジャパンベーカリーマーケティングの岸本拓也社長がプロデュースし、新潟県初の出店となる。20日午前10時にオープンする。

19日、同店でマスコミ向けの内覧会を開かれ、板谷社長のほか岸本社長も出席した。板谷社長は「人口減少の中だが、チャレンジしたい。中食に興味があった。食パン専門店は上越にはない。高級食パンが文化になればいい」と話した。また、フランチャイズ契約ではなくプロデュースとしたこと、店舗展開は上越市以外の地域へ出店していく意向を示した。

岸本社長は「食パンのプロデュースは現在60店舗。今年中に100店舗になるだろう。プロデュースしている飲食店は150店舗になる。上越には食パンの専門店がないし、立地も幹線道路沿いでいい。あとはこの店の外観を見て、パンを食べてなんだこれはと驚くだろう」と話した。

板谷恒太郎社長

岸本拓也社長

商品はプレーンの「おい!なんだソフト」(2斤800円)とレーズンの「びっくらレーズン」(同980円)の2種類のみ。大きさは12×12×24㎝。
実際に食べてみると、食パンは非常に柔らかく、ほのかに甘い。口の中でとろける食感である。独自製法の小麦粉や発酵バター北海道産のはちみつ、無添加の生クリームを使用、短時間で焼き、パンの耳を薄くしているという。

店舗の外観や買い物袋に使用されているロゴは、美味しさのあまり「私はパンになりたい」という男性をイメージした。同店はファミリー層をターゲットに1日250本から300本の販売を目標に、地域密着型の店舗を目指す方針だ。

食パンとはちみつなど

手でさくと柔らかい



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから