新型コロナ対策、新潟IPC財団(新潟市)がオンラインセミナーを無料配信


新潟IPC財団主催の無料オンラインセミナー

3月に入り、新型コロナ対策を含む企業向けオンライン相談会を開催している新潟市産業振興財団(新潟IPC財団、新潟市中央区)は4月9日、次なる新たな取り組みとして無料のオンラインセミナーを配信する。

第1弾となるセミナーでは、現在最も注目を集めるキーワードのひとつである「リモート」をテーマに、地方中小企業における「リモート活用」の可能性について考える。リモートワークは新型コロナ対策にのみならず、企業の中長期的な生産性向上にも資する取り組みであり、新潟市内でもIT企業などを中心に導入が進んでいる。

セミナーの冒頭では、新潟を拠点にNPO法人しごとのみらい(新潟県妙高市)理事長で、サイボウズ(東京都中央区)のリモートワーカーとしても活躍する竹内義晴氏が、リモートワークを始めた経緯や実際の業務の様子、リモートワークのメリット・デメリットなどについて解説する。

セミナー後半では、新潟と東京の2拠点で活動しているみらいコンサルティング(東京都中央区)新潟支社長の櫻井茂樹氏と、「複業」をキーワードに首都圏のパラレルワーカーと地方中小企業をつなぐマッチングサービス「ともるい」を運営するRiparia(新潟市中央区)代表取締役の室田雅貴氏をゲストに迎え、各氏と竹内氏とのトークセッションを実施する。

これにより、「リモートワークってどんなものなの?」、「中小企業でも使えるの?」といった疑問点を解消しつつ、リモートの普及によりこれからのビジネスがどのように変わっていくのかをイメージする機会を提供する格好だ。パソコンやスマホ、タブレットなどネットにつながる端末があればどこからでも受講可能で、オンラインセミナーの受講が初めてという人も気軽にアクセスできる仕組みだという。

【オンラインセミナーの詳細】
主  催/新潟市産業振興財団(新潟IPC財団)
日  時/2020年4月9日(木)19:00~20:30
参加方法/パソコンやスマートフォン、タブレット等によるオンラインでの参加 ※自宅などから参加可能
参 加 費/無料
概要/ミニ講演 実践者が本音で語る!「リモートワークのリアル」
トークセッション1 竹内 義晴氏×櫻井 茂樹氏 「リモート×他拠点戦略」の可能性を探る
トークセッション2 竹内 義晴氏×室田 雅貴氏 「リモート×複業人材活用」のチャンスと課題
※申込方法やさらに詳しい内容は、新潟IPC財団の下記URL参照
URL/https://niigata-ipc.or.jp/service/seminar_event/10655/
TEL/025-226-0550
メール/info@niigata-ipc.or.jp



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから