新潟県が小千谷市在住の濃厚接触者などについて説明


健康対策課の中山均課長

新潟県は26日、新型コロナウイルスに感染した小千谷市在住の50歳代男性(自営業、県内28例目)と、妻の50歳代女性(県内29例目)の濃厚接触者などについて明らかにした。

50歳代男性は3月6日から11日まで、本人を含む計4人でフィリピンに旅行。その後、3月16日に発熱や倦怠感の症状を呈し、24日に陽性が判明した。
フィリピンへは、成田空港を利用したほか、小千谷から成田空港までは同伴者の車を使ったという。

16日の発症のため、11日に車で一緒だった同伴者3人に28例目から感染する可能性は低い(濃厚接触者には当たらない)が、フィリピン滞在中に感染した可能性もあったことからPCR検査を実施、26日(今日)に3人とも陰性が判明した。

一方、29例目の濃厚接触者は、家族の3人と、3月12、13日に除雪関係の仕事で一緒だったという10人の計13人(※12日の接触は16日の発症4日前で厳密には濃厚接触者には当たらないが、念のために濃厚接触者にカウントした)。

このうち、家族3人の検査結果が出ており、妻(県内29例目)の陽性が25日に判明している(残りの2人は陰性)。残りの10人(除雪関係)も順次PCR検査を行なっているという。

なお男性は26日も39度台の熱があるという。

一方、29例目の女性は、28例目の妻。20日に発熱があり、3日程度で解熱したが、28例目の濃厚接触者としてPCR検査を行なった結果、陽性が判明した。

24日から会社(内勤)を休んでいるが、23日に出勤していて、職場の同僚など13人を濃厚接触者として捉えていて、順次PCR検査を行なっているという。

女性の症状については、37.6度の熱があるが、それ以外の症状はないという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから