新潟開港150周年記念のパンケーキが完成

新潟の雪、白い波、青い海を表現

左から、(株)新潟三越伊勢丹三越店の高橋芳明店長、にいがた食育・保育専門学校えぷろん」の生徒、古町芸妓の二人、新潟市の篠田昭市長

新潟開港150周年記念事業実行委員会(会長=篠田昭新潟市長)は9日、「みなとまち新潟スイーツ」の完成発表会を新潟市中央区の新潟三越で行った。

完成したスイーツは、新潟開港150周年事業の一つである「Nii port商品開発プロジェクト」の第1弾となる商品。商品プロジェクトのメンバーは、古町芸妓(あやめさん、菊乃さん)と、パティシエの卵である「にいがた食育・保育専門学校えぷろん」の生徒。昨年12月から、これまでに2回のワークショップを開いたほか、今年3月には試食会を開いて、商品づくり(お土産用焼き菓子、新潟を訪れて食べてもらうイートイン用のパンケーキ)を進めてきた。

今回発表したのは、「パンケーキ(波と雪のパンケーキ)」。日本海の波や新潟の雪を表現した白の綿あめが印象的だ。その綿あめにシロップをかけると、まるで波が引く(あるいは雪が解ける)ように、綿あめがみるみる溶けて、開港150周年記念のロゴが入ったパンケーキと、キラキラした新潟の海を表現した「青いソーダゼリー」が現れる。ゼリー以外にも、生クリーム、バニラアイス、キウイ、オレンジ、いちごが添えられている。このほか、パンケーキには県産米粉を使用。

なお、パンケーキは、新潟三越7階にある「マーガレット」で食べることができるという。

実行委員会では、商品名やレシピを公開することで、多くの菓子工房などで制作・販売してもらい、開港150周年事業の終了後も残る、みなとまち新潟の新名物になることを目指している。また、実行委員会では、来年の開港150周に向けて、商品づくり以外にも官民で様々な開港記念事業に取り組んでいる。

綿あめがみるみる溶ける

試食