国内飼育下において今期初めてのトキのヒナが誕生


新潟県は5日、佐渡トキ保護センター(野鳥復帰ステーション繁殖ゲージ)において、今期最初となるトキのヒナのふ化が確認された、と発表した。これまで飼育下における一番早いふ化確認日は平成29年4月4日で、これに続く過去2番目に早いふ化の確認という。

ふ化したのは、8歳オスと10歳メス(BEペア)のヒナで、5日午前8時ごろ、抱卵している5個の中の1つからふ化した。なお3月6日の初産卵以降、計5個を産卵し抱卵していた。

今後はヒナを早期に親鳥へ戻し、自然育雛を進める。

なおトキの飼育状況は以下の通り。
・佐渡トキ保護センター(81羽)
・佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション(56羽)
・多摩動物公園(8羽)
・いしかわ動物園(9羽)
・出雲市トキ分散飼育センター(10羽)
・長岡市トキ分散飼育センター(11羽)
・佐渡市ふれあい施設(2羽)

BEペア転卵状況(佐渡トキ保護センター提供)

 



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから