新潟IPC財団、外部専門家による事業承継・再生・廃業などの訪問相談を開始

相談は無料

新潟市の外郭団体である(公財)新潟市産業振興財団(新潟IPC財団)は今年度に入り、外部専門家相談員による事業承継や企業再生、廃業などの訪問相談を開始した。相談は無料。

「事業継承するにはどうしたらいいのか」「廃業すべきか迷っている。再生に向けた専門的な意見を聞きたい」「廃業の手続きを知りたい。設備や従業員はどうしたらよいのか?」。こんな悩みをもつ新潟市内の会社の経営者を専門家が訪問し、解決に向けて悩みに答えていく。

対象は、経営者が60歳以上の新潟市内事業者。かつ以下のいずれかに該当する経営者及び後継者など。

・事業承継の手順や手法について知りたい事業者

・後継者が決まっていない事業者

・将来もしくは近いうちに廃業を考えている事業者

相談対応者は、新潟IPC財団 外部専門家相談員で、武石公認会計士事務所 公認会計士・税理士の武石聡之氏。

相談方法などの問い合わせは、新潟IPC財団ビジネス支援センターへ。

(住所)新潟市中央区西堀通6番町866番地NEXT21 12階

(電話)025-226-0550

(ファクス)025-226-0555

(メールアドレス)info@niigata-ipc.or.jp

(武石聡之氏プロフィール)

金融機関勤務を経て、2004年監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入社。 上場企業の監査、株式上場支援のほか、企業再生、M&A支援などのコンサルティング業務で数多くの案件を担当し、 企業内外のセミナー講師も担当。 2016年に独立し、「過去に学び、現在を知り、未来を語らう」会計事務所として、武石公認会計士事務所を設立