新潟県と東北6県が新型コロナ拡大防止に向け、東北・新潟緊急共同宣言を発出


東北・新潟緊急共同宣言

新潟県と東北6県の知事及び政令市長は24日、新潟県と東北6県が一丸となり、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止と早期の収束を目指すため、東北・新潟緊急共同宣言を発出した。

新潟県では県民に対し、これまでも外出の自粛などを依頼してきたが、大型連休を前に、県境をまたいだ移動を極力減らすため、東北地域と連携して呼び掛けた。宣言の内容は以下のとおり。

【東北・新潟緊急共同宣言~心をひとつに故郷を守ろう】
・4月16日、国の新型コロナウイルス感染症にかかる「緊急事態宣言」の対象地域が全都道府県に拡大されました。私たちは、感染拡大の防止と早期の終息を目指し、不退転の決意で、地域一丸となって取り組んでいくことをここに宣言します。
・各県においては、「緊急事態宣言」を受けて、すでに県民・市民の皆様にさまざまな自粛要請を行っているところですが、大型連休期間を前に、あらためて、対象期間である5月6日までの間、以下についてご協力を強くお願いします。

緊急共同宣言の具体的な呼びかけ内容は、5月6日までの「外出の自粛」と「事業者における感染防止対策の徹底」の2項目だ。

外出自粛については、新潟県と東北6県の圏域内での往来や関東・関西方面など他地域との往来、旅行・帰省などを含め、都道府県をまたいだ不要不急の移動自粛に加えて、クラスターが多数発生している繁華街の接待を伴う飲食店等への外出自粛を強く呼びかけた。このほか、通院や生活必需品の買い物などのために外出する場合にも、3密(密閉・密集・密接)回避の徹底にも協力を求めた。

事業者における感染防止対策の徹底については、在宅勤務や時差通勤など、人と人との接触の機会を低減する取り組みに加え、従業員や取引先、利用客に対する感染防止対策を確実に行うとともに、発熱などの症状が見られる従業員の出席停止などを徹底することを呼び掛けた。特に、店舗などでは、利用者が密集しないよう工夫するなどの感染防止対策を強く求めた。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから