新潟県も回復見通し遠く、帝国データバンクが4月の景気動向調査を公表

  • 3週間前
  • 経済

全国の景気DI(TDBの調査資料による)

帝国データバンク(TDB)が8日、2020年4月の景気動向調査を発表した。

同調査によると、全国規模での4月の景気DI(50を境にそれより上であれば「良い」、下であれば「悪い」を意味し、50が判断の分かれ目)は25.8。これは過去最大の下落幅を記録した前月を上回る、前月比▲6.7ポイント。かつ7ヵ月連続の悪化であった。

この下落について業界・業種別にみると、全10業界すべてでDIが悪化。このうち「建設」の▲7.6ポイント、「製造」の▲5.6ポイント、「卸売」の▲5.7ポイントが、過去最大の下落幅。より細かい業種別では、全51業種のうち48業種で前月比悪化。うち「輸送用機械・器具製造」の▲12.0ポイントなど、14業種で過去最大の下落幅を記録した。

なお、都道府県単位では、47都道府県の全てで2ヵ月連続の悪化であった。このうち、24都府県では過去最低を更新。TDBではこうした結果について、新型コロナウイルスの影響を挙げ、「外出自粛による地域内外への移動制限や面談抑制に加えて、休業要請への対応など、地域経済の活動が停滞した」とみている。

地域別のDI(同)

その上で、4月の新潟県の景気DIは25.7。県内285社から得られた結果を集計したこの結果は、前月比▲1.8ポイントであり、4ヵ月連続の悪化であった。

北陸地方・新潟県の景気DI(同)

業界別に見ると、前月は10業界すべてで悪化していたのに対し、4月は「製造」のみ+0.1ポイントを記録。しかしこの「製造」も25.2と低位であり、前月に続き、判断の分かれ目となる50以上となった業界はなかった。

また新潟県単位の先行き見通しのDIについても、3ヵ月後が23.9、6ヵ月後が25.6、1年後が32.0と、悪い見通しが続く。こうした結果についてTDBは、今後は新型コロナウイルス感染拡大の抑止とともに経済活動の再開がポイントになるとした一方、「各企業ともしばらくは経営環境の改善は期待できないと」とみており、景気DIは今後も低位で推移すると予測している。

【帝国データバンクTDB景気動向調査 -2020年4月調査結果-】
https://www.tdb-di.com/economic-trend-survey/ets202004.php



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから