新潟県燕市がひとり親家庭などに臨時特別給付金を支給


燕市役所

燕市は15日、ひとり親家庭などに臨時特別給付金を21日から支給すると発表した。対象世帯は530世帯、対象児童は789人。具体的には、今年4月分の児童扶養手当を受給した世帯および、今年3月分の同手当を受給した世帯で、かつ同月に高校3年生の生徒がいた世帯となる。

支給額は同手当1か月分で、支給額が1万円に満たない世帯へは1万円を支給する。1日に通知を発送し、受給拒否はなかったという。総支給額は2,117万790円となり、1世帯あたりの平均額は3万9,945円となる。なお、同手当が支給停止の世帯には臨時特別給付金は支給されない。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから